ヤミ金も一般的な金融業者も、お金を貸してくれるサービスに違いはありません。お金に困った状況においては、いずれもありがたく感じられるでしょう。ですが、明確な違いも存在します。それは、金利の設定です。金利とは、借りた金額に関係のない、いわば業者へ払う手数料です。そのため、この金利は高ければ高いほど業者は得をします。ですが法律では、上限20%までしか設定してはいけないと定められています。そのため正規の金融業者においては、この範囲内で金利が収められています。

電球その点、ヤミ金業者は20%を超えた法外な貸し付けをおこなっている業者です。その分金利負担は大きくなるため、利用者の支払いは増えてしまいます。また返済期間に関しても、厳しく設定されるケースが少なくありません。

にもかかわらず、利用をしてしまう人は多く、ヤミ金の被害は多く存在しています。理由は、金利が法外な高さに設定されている反面、審査基準が甘いためです。ブラック指定を受けており一般の融資は受けられない、そんな人でも借りられるというメリットが、リスク度外視でも利用したいという感覚を煽ってしまっているのです。もちろん、借りることができたとしても、のちの返済はとても大変です。まず、利用すべきでありません。